マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  ビジネス >  時代と共に「あたりまえ」が変わる!ここ最近で変化したビジネスマナー3選!
あたりまえ_変化_ビジネスマナー
時代と共に「あたりまえ」が変わる!ここ最近で変化したビジネスマナー3選!
134 macho
2018年9月23日
Loadingお気に入りに追加

本日は、ビジネスマナーについての記事をご紹介します。時代とともに、ビジネスマナーが大きく変わっていますので、時代に合わせたビジネスマナーを学んでいきましょう!


【ビジネスマナー①】「自分の時間を消費する」から、「相手の時間を奪わない」へ

あたりまえ_変化_ビジネスマナー

これまでのビジネスマナーは、自分の時間をビジネス相手に使う事が良いとされていました。



・何も用事がないが、お客様の元に頻繁に足を運ぶ。
・顔合わせのためにお客様先へ伺う。



このように自分の時間を相手に使う事がビジネスマナーとして良い事だと言われていましたが、今は違います。



このようなやり方は相手の時間を無意味に奪ってしまうため、あまり良い顔をしない人が多くなりました。



代わりに必要とされるマナーは、相手の時間を奪わないマナーです。



・打ち合わせの提案も対面ではなく、SKYPEなどのビデオ通話を行う
・緊急ではない場合、電話でなくテキストで連絡をする



など、相手に負荷をかけないような仕事の進め方が今のビジネスマナーと言われるようになっています。


【ビジネスマナー②】スーツを着る事が必ずしも良い印象を与えるわけではない

あたりまえ_変化_ビジネスマナー2

ビジネスマナーの2つ目は、スーツ問題です。



昔はどんなに暑くてもスーツを着てお客様先に伺うのがマナーとされていましたが、今は違います。



クールビズも推進されていますし、何より



こんなに暑いのに、スーツを着ているのは生産性を下げる要因



だという事が一般化され始めました。何も考えずにスーツを着ていれば良いと思っている人は、逆にマイナスな印象を与えてしまう時代に入っています。



そんなところで、マナーを意識するよりも、仕事の進め方や仕事の成果を意識する方が、よほど相手に対してメリットを提供できるということを、多くの人が気づき始めているのです。


【ビジネスマナー③】形式だけのマナーからの脱却

あたりまえ_変化_ビジネスマナー3

名刺交換のやり方、お辞儀の仕方、文章の書き方(御中、様)、態度など、これまでかなり厳格とされていたマナーですが、この点についても変化が出始めています。



もちろん、最低限のマナーは大切なのですが、このような形式的なことに必要以上に労力を使うよりも、仕事の成果に対する意識を上げるようなマナー研修が多くなってきています。



つまり、「より本質的なもの」を求める傾向が出てきています。このような時代に、単なる形式だけのマニュアルのような研修は、時間と労力を無駄にしていると、多くの人が考えるようになってきているのです。


まとめ

いかがでしたか。これまでは、「あたりまえ」とされていたマナーの在り方も徐々に変化してきています。



昔の考えを引きづるのではなく、今の時代にあったマナーを意識できるようにしていきたいものですね。

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.