マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMACHO!

お気に入り
MACHO! >  男らしさ >  真面目すぎてもモテない!?真面目すぎる人の特徴とは
真面目すぎる-3
真面目すぎてもモテない!?真面目すぎる人の特徴とは
1,301 macho
2018年6月30日
Loadingお気に入りに追加

真面目であることはいいことですが、真面目すぎると一緒にいてもつまらない、疲れるなんて女性から思われてしまうのです。どんな男性が真面目すぎると言うのでしょうか。本日は真面目すぎる人について見ていきます。


真面目すぎる人は冗談やジョークが通じない

真面目すぎる-1

真面目すぎる人を別名「堅物」なんて言いますね。堅物とは融通の利かない人、生真面目な人のことを言います。一緒にいても冗談やジョークが通じないと、家庭を築いても“笑い”の少ない家庭になってしまいそうです。いつも真面目な顔をしているだけでは人間的に魅力は感じません。少しお茶目な部分や弾けている部分を持ってるくらいがちょうどいいのです。


真面目すぎる人は完璧主義

真面目すぎる-2

真面目すぎる人は完璧主義である傾向があります。完璧主義の人は気疲れをしたり神経が常にピリピリしているものです。完璧主義はなんだか良さそうなイメージもありますが、周りは疲れてしまうことも。少し緩い気持ちくらいでいる方が自分も楽ですし、周りにも柔らかい空気感を出すことができます。要は一緒にいる相手に安心感を与えてあげることもできるのです。


真面目すぎる人は信念や自分の考え方が強い

真面目すぎる-3

真面目すぎる人は信念や自分の考え方が人よりも強く、それに沿ってないといけません。信念を持つことはいいことですが、周りから見ると頑固で融通が利かない人と見られます。“こうあるべき”が強すぎる人はメンタルリスクが高くなる危険性もあるのです。


まとめ

真面目であることはとてもいいことですが、オンとオフの切り替えスイッチをうまくできると理想ですね。真面目であることはとてもいいことですが、オンとオフの切り替えスイッチをうまくできると理想的なのです。

Copyright © 2019 MACHO!. All Rights Reserved.