マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  ビジネス >  同僚に差をつけるために実践することとは《後半》
同僚-5
同僚に差をつけるために実践することとは《後半》
561 macho
2017年8月30日
Loadingお気に入りに追加

昨日は仕事で同僚と差をつけるために実践することについてみてきました。普段から同僚に差をつけるぞ!と思い、仕事をしている人は少ないかもしれませんが、同僚には仕事で負けたくない!そして出世したいと思うことにより、自分のスキルアップにも繋がるのです。昨日に引き続き、本日は同僚に差をつけるために実践することについてみていきます。いよいよ《後半》です!


同僚に差をつける!コミュニケーション能力を高める

同僚-4

仕事をする上で人間関係を円滑にすることはとても重要です。そのためにコミュニケーション能力を上げて同僚と差をつけてみませんか?仕事で疑問に思ったことはすぐに上司に聞いたり、仕事以外のことでも周囲の人とコミュニケーションを取ることは大切です。そして社内だけでなく、他社の人との情報交換も同僚に差をつけるための武器となるでしょう。
仕事は一人でできるものではありません。コミュニケーション能力を上げて同僚と差をつけましょう。


同僚に差をつける!心も体も健康である

同僚-5

心も体も健康であることは同僚と差をつけるためだけでなく、仕事ができる人になるためには必須条件です。真剣に仕事に向き合い実績を出す。そしてオフの時間は趣味やスポーツでストレスを発散するなど、上手にオンとオフの切り替えが出来ることが理想です。休みの日はゴロゴロして過ごしたり、夢中になって楽しめる何かがなくては心の健康は保たれません。
体だけでなく、心の健康も大切なのです。


同僚に差をつける!気遣いができる

同僚-6

仕事でもプライベートでも気遣いのできる人は人から好かれ、男性であれば女性からモテるのです。人の顔色を伺って上司ばかりに気を使うようでは周囲からの評判は落ちてしまいます。いつもサポートしてくれる女性事務員やオフィス内のお掃除をしてくれる方に敬意を払うことは人として大切なことです。そんな裏方で働く人にも気遣いができる人にはいざとなったらみんなが助けてくれるでしょう。
そして横柄な態度を取っているような同僚がいれば、差をつけられるでしょう。


合わせて読もう!

同僚に差をつけるために実践することとは《前半》


まとめ

いかがでしたか?同僚に差をつけるためだけでなく、自分のスキルアップや人として好かれるようぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.