マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  ビジネス >  同僚に差をつけるために実践することとは《前半》
同僚-1
同僚に差をつけるために実践することとは《前半》
536 macho
2017年8月29日
Loadingお気に入りに追加

仕事で同僚と差をつけるために普段心がけていることや、実践している人は少ないのではないでしょうか。しかし、同僚には仕事で負けたくない!そして出世したいと思うことにより、自分のスキルアップにも繋がるのです。本日は同僚に差をつけるために実践することについてみていきます。まずは《前半》です。


同僚に差をつける!早めの出勤

同僚-1

あなたの職場にもいませんか?毎朝ギリギリに出社し、寝ぼけた顔に寝ぐせ頭。これでは良い印象はありませんし、始業時から頭を回転させることはできません。朝を制する人は仕事を制す!と言われるように、早めに出勤して今日のスケジュールを把握し、メールのチェックを済ませておく。もしくは職場などで行われている朝活に参加するなど、朝を活用して同僚に差をつけてみませんか?


同僚に差をつける!声が大きい

同僚-2

挨拶はその人の印象を大きく左右します。明るく・爽やか・ハキハキ!そして声の大きさも重要です。声がはっきりと大きいだけで、出世はできる!と言われているように、声が小さくては自分アピールもできません。そして社会人になれば社外に出向いたり、電話対応も必須です。時にあなたは会社の顔となるのです。声は大きく、明るくハキハキを心がけて、同僚に差をつけてみましょう。


同僚に差をつける!仕事を自分から取りに行く

同僚-3

与えられた仕事をこなすことはいわば誰でもできることです。しかし、自分から率先して仕事を取りに行くことはなかなか難しいこと。周囲の状況を把握し、自分に今何が出来そうかを予測し、自分から動く!積極的な姿勢は周囲から評価され、仕事のスキルアップにも繋がるのです。ちょっとした仕事への姿勢が同僚との差に繋がるのです。


まとめ

いかがでしたか?ちょっとした心がけと実践で、同僚と差をつけてみましょう。差をつけるだけでなく、自分のスキルアップにも繋がるのですね。さて、明日は《後半》です。どんなことを実践すれば良いのでしょうか。お楽しみに!

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.