マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMACHO!

お気に入り
MACHO! >  ビジネス >  男性にありがち!無駄なプライドによって仕事に支障をきたしてしまう!その特徴3つとは
無駄なプライド-1
男性にありがち!無駄なプライドによって仕事に支障をきたしてしまう!その特徴3つとは
477 macho
2018年4月26日
Loadingお気に入りに追加

仕事をしていると、無駄なプライドにより、仕事に支障をきたしてしまう人がいます。無駄なプライドにより仕事相手からは信用を失い、結果損をしてしまうのです。そして、そのように無駄なプライドがある人には男性が多いような気がします。本日は仕事に支障をきたしてしまう男性の特徴をご紹介します。

無駄なプライド-1


指摘されると逆ギレモード

プライドが高い男性は指摘されると素直に受け止められずに逆ギレしてしまう傾向があるようです。上司や仕事相手からは『指摘されたくないならチェックまでしっかりやればいいのに』『こっちだって指摘したくないよ』と思っています。そうです!自分が悪いのに、指摘されると機嫌が悪くなり、素直に受け止めるどころかめんどくさがられ、逆ギレモードに入ってしまうのです。



指摘されるのは誰でも嫌なもの。だったら、チェックまでしっかりやり、それでもミスがあった場合は素直に受け止めるべきなのではないでしょうか。


早めに報告せず、いつまでも粘る

無駄なプライドが高い男性は、早めの報告が苦手なようです。例えば困難にぶち当たって納期が遅れそうであったり、どうしても要望通りの作業結果が出せそうにない時、いつまでも粘ってしまっては仕事相手を不安にさせてしまうだけです。上司や仕事相手からは『全く報告がないけど、大丈夫?』『ダメそうならとにかく一報して!』と思われてしまうのです。



納期ギリギリになって「出来ませんでした」は通用しません。仕事をする上でプライドもあるでしょうが、早めに状況報告をして新たな対策を取った方が結果信頼される人になれるのです。プライドが邪魔をして、納期ギリギリまで粘ってしまっていませんか?どうにかしてやり切りたいという気持ちも大事ですが、早めの報告も大事なのです。


開き直る

無駄なプライドが高い人は開き直ってしまう特徴があるようです。自分が仕事を遂行出来くても、『そんなこと言われてもこれ以上はできません!』『いや、無理です!』と、開き直ってしまうのです。もし出来ないなら出来ないなりの理由を伝えたり、もっと早めに助けを求めることも出来たはず。



上司や仕事相手からは「開き直っちゃったよ(苦笑)」と呆れられるだけです。これでは信用されることはありませんね。開き直るまでに、出来ることがあるはずです。

無駄なプライド-2


まとめ

いかがでしたか?あなたの回りにもこのような人はいませんか?無駄なプライドによって仕事に支障をきたさないよう、自分を振り返ってみましょう。

Copyright © 2019 MACHO!. All Rights Reserved.