マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  男らしさ >  『ケチ男認定!』とレッテルが貼られる瞬間とは《前半》
ケチ-1
『ケチ男認定!』とレッテルが貼られる瞬間とは《前半》
yume
2017年8月10日
Loadingお気に入りに追加

あなたは女性から「ケチ!」と思われてどんな気持ちになりますか?男として情けない・カッコ悪いと思うのではないでしょうか。女性はとにかくケチな男性を結婚どころか恋愛対象にもしてくれません。本日は女性が『ケチ男』と認定する瞬間をみていきます。まずは《前半》からみてきましょう。あなたは当てはまっていませんか?早速チェックしていきましょう。


ケチ男認定!初めてのデートで割り勘

ケチ-1

ケチの王道といえばデートで割り勘行為です。自分からデートに誘っておいて割り勘を求める男性に未来はないでしょう。割り勘を求める男性には『自分が一番大切』『相手の女性を喜ばせたいという男らしさがない』『俺が守るよという責任感にかける』証拠なのです。そんな男性とおつきあいしても大事にしてもらえなさそうと女性は思い、結果ケチな男性は女性からモテないのです。
目先の損得勘定に縛られていませんか?心から女性を喜ばせたいという気持ちはありますか?


ケチ男認定!デートでクーポン券を使う

ケチ-2

お財布の中がポイントカードやクーポン券でいっぱいになっている男性はカッコいいものではなく、ケチなイメージを抱きます。そしていちいち小さなことにも細かそうですね。デートで行きたいお店に行くのではなく、クーポン券が使えるお店を選ぶところが女性からするとケチ認定で、クーポン券を使ってお得に済ませたい!という気持ちが男としてセコく感じるのです。
「デートの時くらい、カッコつけてクーポン券は使わないで!」そう女性は思っているのです。


ケチ男認定!誕生日プレゼントの金額をわざわざ言う

ケチ-3

ケチな男性は心の底から女性を喜ばせたい!という気持ちに欠けているものです。彼女のお誕生日プレゼントを購入し、いちいち金額を言って恩着せがましい。そして見返りを求めるような言動は男らしいとは思われません。器の大きい男性はいちいち「高かったんだよ」とは言わないものです。
女性が喜んでくれればそれでいいではないか!自分アピールはいらないのです。


まとめ

《前半》はいかがでしたか?確かにケチな姿は男らしくありませんね。そう思われないよう、自分の言動を見直してみましょう。明日は《後半》をみていきます。お楽しみに!

この記事を書いた人

yume yume

♦︎30代女性 ♦︎ハマっているもの:お菓子作り、カフェ巡り

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.