マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMACHO!

お気に入り
MACHO! >  男らしさ >  デリカシーのない男性は嫌われる!オフィスでデリカシーに欠ける発言6つとは《前半》
デリカシー-3
デリカシーのない男性は嫌われる!オフィスでデリカシーに欠ける発言6つとは《前半》
2017年10月25日
Loadingお気に入りに追加

何気ない一言で女性は傷ついたり、その一言によって「デリカシーのない人!」だとレッテルと貼られている可能性はありませんか?「デリカシーのない人」と一度思われてしまうと、ちょっとやそっとのことで『紳士で素敵』な人には昇格できません!では一体オフィスではどんな発言がデリカシーに欠けると思われてしまうのでしょうか。本日は《前半》です。早速みていきましょう!


デリカシーに欠ける発言「太った?」

デリカシー-1

何気なく言われたことがある女性は多いもの。そして他人に言われるほど傷つくものはありません。まずはその女性心を理解しておかなくてはいけませんね。女性は男性に言われる前に自覚していますし、男性の中には会話のきっかけにしたいだけの人もいるかもしれません。しかし、そのようなデリカシーのない発言を言われると「その日の仕事のパフォーマンスは下がります!!」宣言を出されてしまいます。それほど、仕事が手につかないほど、女性は傷つく発言なのです。 


デリカシーに欠ける発言「独身は気楽でいいね」

デリカシー-2

小さなお子さんのいる女性社員は子供の行事や子供の体調に振り回されるものです。そんな時に独身女性に向かって「独身は気楽でいいね」という発言もデリカシーに欠けるのではないでしょうか。好きで独身でいるわけではない女性もいますし、女性にとって「独身」というワードも人によっては傷つくのです。女性は幾つになっても乙女心を持つものなのです。


デリカシーに欠ける発言「今日合コン?気合い入ってるね」

デリカシー-3

特に合コンがあるわけではないが、気合いが入っているように思われてしまう服装の時もあるでしょう。そう見えてしまった時にいちいち「今日合コン?気合い入ってるね」と言われるのも侵害です。そもそも合コンに気合いを入れていると思われてしまうこと自体に傷つき、「そんなつもりじゃないのに」と女性のモチベーションを一気に下げてしまうのです。


まとめ

何気なく言った一言で、「デリカシーのない人」だと思われているかもしれません。特に女性の容姿については触れない方がいい場合もあるのですね。明日は後半をみていきます。ぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2019 MACHO!. All Rights Reserved.