マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  男らしさ >  女性の気持ちを理解して!お肌が揺らぎやすい春、デリカシーのない男性のセリフとは
春-デリカシー 2
女性の気持ちを理解して!お肌が揺らぎやすい春、デリカシーのない男性のセリフとは
244 macho
2018年4月1日
Loadingお気に入りに追加

春は寒暖差が大きかったり、花粉症があったりと、女性のお肌は揺るぎやすいもの。お肌だけでなく、なんとなく体調も優れなく女性の気持ちは下がり気味です。そんな女性にデリカシーのないセリフをうっかり言ってしまっていませんか?何気ないその一言が女性を傷つけているかもしれません!本日はお肌が揺らぐ春、男性のデリカシーに欠けたセリフをご紹介します。


「あれ?肌荒れすごいね。どうしたの?」

春-デリカシー -1

女性、そして春という季節を全く理解していないセリフですね。不摂生したわけでなく、春の女性のお肌はデリケート!寒暖差や花粉、そして埃でお肌が荒れてしまうのです。どんなにお手入れや規則正しい生活を心がけても、この時期には勝てないのが現状です。そんな女性のお肌事情を理解し、職場やデート中に気がついたとしても、そっとしておいてあげてくださいね!


「花粉症なんて気の持ちようだ!」

春-デリカシー 2

男性に有り勝ちな「気の持ちようだ!」で片付けようとする行為。こちらも全く女性のことを理解していないデリカシーのないセリフです。男性の中でも花粉症の人は理解してくれるかと思いますが、気の持ちようで済ませられないのが花粉症。このようなセリフを言ってしまう男性は、何かにつけて「気の持ちようだ」というセリフでめんどうなことにはすぐ蓋をしようとするものです。女性にがっかりされるセリフと言えるでしょう。


「目が血走ってるけど寝不足?」

春-デリカシー -3

春は睡眠の質が下がりやすい時期と言われています。それに加え、花粉症で目も充血したり涙目になってしまったり。お肌と同様不調になりがちなのです。例え職場やデート中に目が血走っていたとしても、気安く指摘しないであげましょう。女性は女性特有の悩み事があるのですから・・・。


まとめ

いかがでしたか?女性特有の悩み事があることを理解し、無駄に傷つけないよう心遣いが必要です。デリカシーのない人だと思われないよう、優しい心で見守ってあげてくださいね。

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.