マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMACHO!

お気に入り
MACHO! >  ビジネス >  マナーのあるビジネスメールとは《依頼編》
マナー-1
マナーのあるビジネスメールとは《依頼編》
802 macho
2017年6月15日
Loadingお気に入りに追加

毎日やり取りが行われているビジネスメールですが、自分のビジネスメールを見直したことはありますか?実は相手にとって不愉快な書き方をしてしまっているかもしれません。本日はマナーのあるビジネスメールについてみていきます。


『上から目線』に感じる表現はNG!

マナー-1
https://www.recruit-ms.co.jp

ビジネスメールでは相手に仕事の依頼をしたり、要望を伝えることが多いものです。そんなメールの中で「◯◯してください。これも◯◯してください。」という言い回しをどう感じますか?なんだか上から目線で感じが良いものではありませんね。
悪気なく書いているかもしれませんが、依頼をする時にはちょっとした気遣いが必要なのではないでしょうか。


マナーのあるビジネスメールの言い回しとは?

マナー-2
http://english.cheerup.jp

では、どのように表現したら良いのでしょうか。

「◯◯してください」→「◯◯していだだけると幸いです。」「◯◯していただきたく存じます。」「◯◯していただけると助かります。」
そして「恐れ入りますが」や「お手数おかけいたしますが」をプラスすると良いでしょう。

ちょっと丁寧過ぎると思われるかもしれませんが、メールでは相手の顔が見えませんし、メールは残るものです。ビジネスの場ではこうような言い回しを心がけましょう。


まとめ

メールは相手の顔が見えない分、ぶっきら棒や冷たく感じられてしまします。お互いが気持ち良く仕事ができるよう、マナーのあるビジネスメールを送ってみませんか?

Copyright © 2019 MACHO!. All Rights Reserved.