マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMACHO!

お気に入り
MACHO! >  ビジネス >  第一印象を悪くする初対面での振る舞いとは《社外編》
第一印象_初対面_振る舞い2
第一印象を悪くする初対面での振る舞いとは《社外編》
2019年5月24日
Loadingお気に入りに追加

みなさんは社外で自らセミナーや交流会に参加したことはありませんか?



中には見聞や知識を増やそうと、そういった場に参加する社会人も多いのではないでしょうか。



本日はそんな場で印象を悪くする振る舞いを見ていきます。



あなたは当てはまっていませんか?早速みていきましょう。


自分の話だけして去る

第一印象_初対面_振る舞い

名刺交換後、自分の話だけを一方的にして去ってしまう人がいます。



とても印象が悪いですね。



相手を思いやる気持ちがないことの表れです。初対面だからこそ、お互いが相手を受け入れようとする気遣いが必要です。



何より印象が悪かった人として、名刺は残るものです。



相手を気遣える初対面での会話術、社会人として必須スキルなのではないでしょうか。


名刺を渡さない

第一印象_初対面_振る舞い3

時には初対面の相手が苦手な時もあるでしょう。



でも決して「今日は名刺を持っていません。」などと嘘をついて名刺交換をしないのは印象が悪いです。



もしくは本当に名刺を持って来ていないのか?どちらにしてもマナー違反です。



ビジネスの場で好き嫌いという感情は出してはいけません。社会人としての振る舞いをしましょう。


タメ口

第一印象_初対面_振る舞い2

例え相手が年下に見えたとしても、初対面でタメ口は印象が悪いですね。



初対面の相手にタメ口で話すことは常識がなく、虚栄心が強い証拠です。



相手を不愉快にするだけでなく、あなたの社会人としての評価は下がってしまうでしょう。



初対面での当たり前の常識として、敬語は必須です。


まとめ

いかがでしたか?



社外でも名刺交換をするわけですから、社会人として責任ある振る舞いを心がけましょう。



初対面で好印象を持たれるよう、これらのことをぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2019 MACHO!. All Rights Reserved.