マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを
追求するメディア
MACHO

お気に入り
MACHO >  トレーニング >  「自覚して!!」そう思われてしまう男性の特徴《前半》
自覚-カッコ良さ-勘違い-1
「自覚して!!」そう思われてしまう男性の特徴《前半》
1,524 macho
2020年7月3日
Loadingお気に入りに追加

男として、本当の意味でのカッコ良さを勘違いしている男性はけっこう多いものです。



もしかしたらあなたのその考え方は女性から「自覚して!!」と思われ、呆られているかもしれません!



本日は「自覚して!!」と思われてしまう男性の特徴についてみていきます。



まずは《前半》です!


「素直になれない」→器が小さいからだ

自覚-カッコ良さ-勘違い-1

女性からモテたり、周りの人から好かれる男性は必ず素直であるという特徴があります。



しかし、素直ではない男性は女性から不評です。



「素直に謝ればお互い気持ちよく仲直りできるのに!」「素直に“ありがとう”と言える男性が素敵なのに!」と残念がられることでしょう。



そして素直ではない男性は「器が小さい」とも言えます。



そうなのです!素直な男性こそ女性からモテ、そして何より自分だって気持ちが良いものなのです。



器の小さい男だとレッテルを貼られていると自覚するべきでしょう。


「威張ってる」→カッコ良さを勘違い

自覚-カッコ良さ-勘違い-2

無駄に女性や自分より立場の下の人に威張っている男性っていませんか?仕事ができない、自分に自信がない男性に限って無駄に威張ってしまうようです。



威張って上から押し付けることによって、自分の地位がやっと確立された気分になるのでしょう。



しかし、それは大きな勘違いです。



本当に仕事ができる男性や自分に自信のある男性は無駄に威張ったりする必要はないのです。



威張る行為は恥ずかしい自分をさらけ出しているようなものです。


「大きな口を叩いてしまう」→実際は行動しないくせに

自覚-カッコ良さ-勘違い-3

やけにカッコいいことを言ってしまったり、大きな口を叩いてしまう男性に限って、口だけなものです。



周りの人はすでに気づいています。



「どうせ何も行動を起こさないくせに」「言うのは簡単」と・・・。



言っている本人はそのセリフに酔ってしまっているかもしれませんが、意外と周りはシビアです。



ぜひ自分の言動を振り返ってみましょう。



口ばっかの男性は仕事でも恋愛でも周りから信用されていないのです。


まとめ

いかがでしたか?意外と周りはあなたのことを冷静に見ています。



勘違いしないよう、自覚をするべきですね!



では、次回の《前半》もお楽しみに!

Copyright © 2020 MACHO. All Rights Reserved.