マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  男らしさ >  男らしさをあげるためのケチ脱出術
ケチ-2
男らしさをあげるためのケチ脱出術
maki-maki
2018年1月24日
Loadingお気に入りに追加

ケチな男性は男らしいとは言えませんよね。本日は男らしさを上げる為のケチ脱出術についてご紹介します。


ケチな男性からは男らしさを感じない

ケチ-1

女性はケチな男性を男らしくないとみなします。食事代の割り勘において、女性にケチだと思われてしまう行動、ケチだと思われないための対策について考えてみましょう。

まず、当たり前ですが端数まできっちり割り勘するのはNGです。食事代の割り勘の基本は、半分よりちょっと少ない端数の出ない金額を女性からもらうことです。例えば総額3,000円〜4,000円ならば女性からもらう金額は1,000円。総額5,000円ならば2,000円です。女性からお金をもらうタイミングも重要です。何も言わずにお会計時に全額出して、後で「じゃあ○○円ちょうだい」と言うのは、金額がいくらであってもケチだと思われてしまいます。割り勘するならば、お会計前に女性からもらう金額をはっきり伝えておいた方が、ケチと思われず女性にも心構えが出来て良いと思います。

ケチ-2

食事代の割り勘で最もスマートな方法は、食事代は自分が全額払い、その後のコンビニ代やちょっとした買い物代は女性に支払ってもらうことです。女性からお金を徴収する手間が省けますし、女性にとっても食事代をおごってもらったということで男らしいという印象を与える事が出来ます。

ちなみに、付き合って長い彼女ならばアリかもしませんが、まだ年月の浅い友だちや彼女との食事代を支払う際に、クーポンを出すとかなりケチ度が上がり、カッコ悪いです。意外かもしれませんが、ケチだと思われます。案外見られているので注意してくださいね。


まとめ

女性とのデートや交流ではスマートな支払いを心がけ、ケチを脱出して男らしさを上げていきましょう!

この記事を書いた人

maki-maki maki-maki

♦︎30代女性 ♦︎趣味:旅行、ショップ巡り、楽器演奏

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.