マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを
追求するメディア
MACHO

お気に入り
MACHO >  男らしさ >  モテホルモンであるテストステロンが低下してしまう3つの理由
テストステロン-1
モテホルモンであるテストステロンが低下してしまう3つの理由
2,447 macho
2020年4月30日
Loadingお気に入りに追加

数あるホルモンの中でも男らしさを強め、そしてモテホルモンとも呼ばれるテストステロン。



女性が本能的に惹かれてしまうテストステロンは、男性なら誰もが減らしたくない!と切実に思いますよね。



本日はテストステロンが低下してしまう3つの理由をお伝えします。


テストステロンの天敵であるストレス

テストステロン-1

ストレス社会と言われている現代ですが、日常のストレスは残念ながらテストステロンの低下に繋がります。



満員電車、人間関係、仕事などなど挙げればきりがないほどです。



ストレスを溜め込む前に、ストレスを発散することが大切です。



適度な運動をする、筋トレ、週末はサッカーチームで汗を流す、そしてバランスのとれた食事を取るなど工夫をしましょう。



要は自分のストレス発散方法を持つことです。


テストステロンの天敵である睡眠不足

テストステロン-2

テストステロンはリラックスしている時間帯に分泌が高まるので、当然睡眠不足だとテストステロンを増やすことは難しくなります。



残業が当たり前の日本ではなかなか質の良い睡眠を取ることは難しいかもしれませんが、夜遅くまで飲み歩いたり、いつまでもスマホとにらめっこしないなど、ちょっとした努力と工夫も必要なのですね。


テストステロンの天敵である叱られてばかりいる

テストステロン-3

会社で上司に叱られてばかりいる男性もテストステロンが減ってしまうのです。



スポーツや賭け事、日常生活の中でも「自分は負けている」と感じることがテストステロンの低下に繋がります。



仕事であれば上司に怒られないように頑張る!努力をする!などの改善ができますね。


まとめ

働き盛りの男性はストレスから逃れることは難しいかもしれませんが、ちょっとした工夫をしてストレスから上手く回避しましょう。

Copyright © 2020 MACHO. All Rights Reserved.