マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  男らしさ >  さりげないレディファーストがいい!これだけは押さえておくべき3つのポイントとは
さりげない-3
さりげないレディファーストがいい!これだけは押さえておくべき3つのポイントとは
2017年11月21日
Loadingお気に入りに追加

日本人男性が苦手なレディファーストですが、『大げさでいかにも!』では女性も居心地が悪く、白々しいと感じてしまいます。女性が好むのは『さりげない』ことです。本日はこれだけは押さえておくべきレディファースト3つをご紹介します。あくまでもさりげないからいいのです!早速みていきましょう。


さりげないレディファースト!ドア開けて先に中に入れてくれる

さりげない-1

外出先でレストランやお店の中に入る時、自分で開けて自分からさっさと中に入っていませんか?これでは自分勝手で男らしいとは思われません。レディファーストとして押さえておくべきポイントの一つである“ドア開けて女性を先に中に入れてくれる”行為。さりげなくできることから、すでに定着している男性も多いのではないでしょうか。

慣れてしまえば当たり前として定着できるはず!ただ、女性を大切にする気持ちがあってこそ・・・かもしれませんね。


さりげないレディファースト!お会計がスマート

さりげない-2

女性とのデートでは割り勘が理想!なんてセコい考え方をしていませんか?女性を心から喜ばせることができる男性こそ、男らしいと言えるのです。デートの後半、ほとんどの女性は化粧室に席を立つものです。その間にお会計を済ませておくことはレディファーストの王道ですが、女性はこのスマートな対応にやられてしまうものです。

お会計をスマートに済ませることができる男性はかっこいい!さりげなく済ませて、何事もなかったかのように振る舞う!これぞレディファーストです。


さりげないレディファースト!車道側を歩いてくれる

さりげない-3

二人で道を歩いている時、さりげなく車道側に移って歩いてくれると女性は「大切にされてる!」「さりげない優しさ!」とキュンとしてしまいます。その際、大げさに『守ってやってるぜ!』とアピールしては逆効果ですし、それはレディファーストとは言えません。

車道側を歩く行為も押さえておくべきレディファーストの一つです。さりげなく当たり前にできる紳士は男性は女性からモテるのです。


まとめ

いかがでしたか?どれもレディファーストの入門編とも言えるでしょう。レディファーストとは女性への気遣いや気配りです。さりげなくレディファーストができる男を目指しましょう!

Copyright © 2018 Macho!. All Rights Reserved.