マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMACHO!

お気に入り
MACHO! >  ビジネス >  仕事ができないと思われてしまう人の仕事のやり方とは《前半》
仕事_できない_思われて_やり方
仕事ができないと思われてしまう人の仕事のやり方とは《前半》
1,146 macho
2019年6月11日
Loadingお気に入りに追加

仕事ができるかどうか、これは自分が決めるものではなく、周りからの評価で決まるものです。



一度立ち止まって自分の仕事のやり方について考えたことはありますか?



もしかしたら自分は『仕事ができない人』と思われているかもしれません。



本日は仕事ができないと思われてしまう人の仕事のやり方をご紹介します。



あなたは当てはまっていませんか?早速みていきましょう。


すぐ電話をかけてくる

仕事_できない_思われて_やり方

メールで文章を書くのが苦手な人にはとても手軽な電話ですが、この行為は相手にとって迷惑そのものです。



自分は都合のいい時に電話をかけれますが、電話を受ける側の都合はお構いなしです。



仕事のできる人は思っています。



「こんな内容ならメールでいいじゃないか!」「たいした用事でもないのに人の時間を奪うなんて!」。



そして電話だけではエビデンスが残らないのでトラブルの元になりかねません。



電話した内容を結局メールでも送るなら、最初からメールでいいのではないでしょうか。



電話は相手の貴重な時間を奪ってしまうということをまず認識しなくてはいけません。



そしてメールで相手に伝えられる文章能力をつけなくてはいけないのです。


周りが見えず、勝手に暴走してしまう

仕事_できない_思われて_やり方2

時に仕事はチームを組んで取り組むこともあります。



そんな時に周りが見えずに一人で暴走してしまう人を見かけます。



そんな人は自分の仕事のやり方を見直すことなく、勝手な行動を繰り返している特徴があります。



要は学習能力がないということです。



「あれ?また一人で空回りしてる?」
「あれ?また周りから注意された!」



と感じたら、一度自分の仕事のやり方を見直す必要があります。



周りが見えていますか?



効率の悪い仕事のやり方をしていませんか?



余計な仕事を自ら増やしていませんか?


相手との認識合わせが曖昧

仕事_できない_思われて_やり方3

仕事で大切なことの一つである認識合わせ。



まずゴールが明確になっており、そのゴールまでの道筋をすっかり仕事を進めて行く相手と認識を合わせなくてはいけません。



特に追加作業なのでお金が発生しそうな時には仕事が始まる前に認識を合わせておく必要があります。



お互いが気持ち良く仕事を終えられるよう、始めのうちにしっかりと認識合わせておきましょう。


まとめ

いかがでしたか?



意外と自分の仕事のやり方を見直す機会はないものです。



周りから『仕事が出来ない人』だと思われないよう、時に見直してみましょう。



明日は《後半》です!

Copyright © 2019 MACHO!. All Rights Reserved.