マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを追求するメディアMacho!

Macho! >  男らしさ >  夏のデニムはNG!?男性の夏のボトムコーディネートとは
夏のデニム-1
夏のデニムはNG!?男性の夏のボトムコーディネートとは
1,045 macho
2018年6月27日
Loadingお気に入りに追加

焼け付くような真夏の太陽の下、爽やかにデニムを履きこなしたいもの。それにはどんなデニムでも良いというわけにはいきません。

本日は夏のNGなデニム、そしてオススメのボトムをご紹介します。爽やかに履きこなしたいですね!早速見ていきましょう。

夏にNGなデニムとは?

基本的に夏のデニムは見ていて気持ちの良いものではないのが正直です。デニムは毎回洗濯するものではありませんし、汗まみれになったデニムは不潔なイメージです。具体的にどんなデニムがNGかと言うと

夏のデニム-1

・ダボダボしていて裾が地面を擦っている
・クラッシュデニムというダメージ加工が激しくされているもの

基本的に女性は爽やかな男性を好みます。もしも夏でもデニムを履きたいのであれば

・裾を少しだけ折り返したスリムのデニム
・ダメージなしのシンプルなデニム

夏のデニム-2

そして、白Tシャツなどでコーディネートすると爽やかな印象になりますね。シンプルなコーディネートの中に、小物でカラーを入れるとワンポイントになってオシャレ感が増します。時計やスニーカーでワンポイントカラーを入れるのも良いですね。


夏にオススメなボトム

デニム以外で夏にオススメなボトムは



・クロップドパンツ
クロップドパンツや通常の丈のボトムの裾を折り返してくるぶしを出す。この時の注意点は丈です。もともと足の長くない日本人が7分丈もしくは7分丈未満を履くと子供っぽい、そして不恰好になってしまいますので注意が必要です。合わせるトップスはシンプルなもの、そして足元はスリッポンが相性良いでしょう。



・ハーフパンツ
オシャレな人が履きこなしているハーフパンツ。ハーフパンツにリネンのシャツは大人の男性、そして落ち着いた印象を持たせます。そして白のハーフパンツにネイビーと白のボーダーTシャツでマリンテイスト、足元はデッキシューズで爽やかで上品なイメージになります。



・短めのハーフパンツ
脚に筋肉が程よく付いている男性がオシャレに履きこなしていますね。なんと言っても男の色気を演出できます。短めであるならあえてカラーに挑戦もアリですね。上質なピンクのハーフパンツに白TシャツOR黒Tシャツでシンプルに。足元は白のスニーカーで決めましょう。


まとめ

爽やかな男性は女性ウケします。夏には夏の爽やかな服装を意識しましょう。


男らしさを上げるためには、ワックス選びも大切!

原宿発・注目度No.1美容室 OCEAN TOKYO から渾身のヘアワックスが登場。個性を最大限に引き出す自分に自信をもてる髪型に。



OCEAN TOKYOとは

メンズを中心に圧倒的な人気を誇る原宿発の美容室 OCEAN TOKYO。実力はもちろん、SNSでも絶大な人気を誇る高木琢也氏、中村トメ吉氏、三科光平氏を筆頭に若きエンターテイメント集団が新しい美容師のあり方も創造。彼らが何度も繰り返すのは「髪が変われば、人生が変わる」というメッセージ。「かっこよくして、必ず君の人生を変える」という強い意志が商品に込められています。

オーシャントリコ
ヘアワックス
(クレイ)
80g
ボリューム×キープ
オーシャントリコ
ヘアワックス
(オーバードライブ)
80g
マット×キープ
オーシャントリコ
ヘアワックス
(シャインオーバー)
80g
ツヤ×キープ
オーシャントリコ
ヘアワックス
(エッジ)
80g
シャープ×キープ
オーシャントリコ
ヘアワックス
(エアー)
80g
エアリー×キープ  
オーシャントリコ
ヘアワックス
(ナチュラル)
80g
ルーズ×キープ
Copyright © 2019 Macho!. All Rights Reserved.