マッチョ!本当のカッコ良さ、男らしさを
追求するメディア
MACHO

お気に入り
MACHO >  男らしさ >  ちょっとしたことだけど、なんか嫌かも・・・と思われる男性の発言3選とは
嫌-変-3
ちょっとしたことだけど、なんか嫌かも・・・と思われる男性の発言3選とは
2018年4月5日
Loadingお気に入りに追加

ちょっとしたことで、声に出すほどではないのですが、なんか聞いていて「嫌かも!」「変かも!」と思われる男性の発言があります。



オフィスやプライベートで女性が気になってしまう男性の発言3選をご紹介します。



思わず「言っているかも!」「聞いたことある!」と思ってしまうかも!?


『なるべく』を『なるたけ(成る丈)』と言う

嫌-変-1

『なるたけ』は『なるべく』『できるだけ』という意味で、昔から使われている言葉です。



そして日本語としても間違いではありません。



しかし、「なるたけ早くお願い!」「なるたけ急いでね」と言われて「ちょっと変かも」と引っかかってしまう人は多いものです。



間違った日本語ではありませんが、あまり聞き慣れない人が多いのが現状でしょう。


『なるほどですね』と相槌を打つ

嫌-変-2

『なるほどですね』を、『なるほど』の敬語だと思って使っている人が多いように見受けられますが、『なるほどですね』は敬語でもなんでもありません。



そもそも『なるほどですね』という言葉はないそうです。



従って、聞いている周りの人は「意味はわかるけど、うーん・・・」と気になってしまうのです。



もし、目上の人に相槌を打つ場合は、「おっしゃるとおりです」を使ってみてはいかがでしょうか。


外で自分の妻を『嫁』と呼ぶ

嫌-変-3

嫁と呼ばれて気分を害している女性は多いものです。



「嫁=相手の家に嫁ぐという意味合いが強く、なんだか田舎っぽい。そして昔っぽいイメージ」「嫁と呼ぶ男性は偉そう」と女性からは不評です。



結婚したら配偶者のことを“妻”“夫”と外では呼べるようになりたいですね。



聞いている周りの人たちも気分の良いものです。


まとめ

いかがでしたか?



何気なく普段使っている発言が実は間違っていたり、周りの人が聞いていておかしいことも!



ぜひこれらを参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2020 MACHO. All Rights Reserved.